Pick up !!

「女に夢見過ぎ」と思う男性

男性には理想の女性像というものがあるのではないでしょうか。異性い対する憧れと言いますか。理想というのは誰にでもあるものですが、それが行き過ぎてしまうとそんな女いねぇーよ!状態に。
こいつ「女に夢見過ぎ」を思われている男性の特徴をまとめました。

「女の子はみんなピンクとか可愛いものが好きと思っている」

  • 「はい、プレゼント♪」と渡されたものがモヘアのニット…。コンサバ系の服しか持ってないのにどうコーディネートしろと?
  • ペアのもの買う時はピンクを渡されるけど、本当はブルーが好き
  • 自宅に無駄なものを置きたくないって言ってるのに謎のマカロンのクッション買ってくるのヤメロ!

女性ってこういうのが好きでしょう、と一般的なイメージだけで決めつけられて押し付けられるのはストレス以外のなにものでもありません。『女性』ではなく『目の前の相手』ときちんと見るようにして欲しいものですね。

「家事が得意、好きと思っている」

  • 料理が苦手と言った時に心底ビックリした顔してた
  • 結婚したら毎日家事してね(はぁと)って言われた。手伝う気はないそうだ
  • 部屋に遊びに来るたびにホコリチェックをして、女の子なんだからちゃんとしないと~と言ってきた元カレはちょっと女に期待し過ぎだと思った

男性の中には女性は全員料理、洗濯、掃除がプロ並みに出来るのだと思ってしまっている人がいます。女性というだけでです。実際は女性だというだけで全ての家事が出来るわけではありません。
男性が全員日曜大工が得意なわけではないのと同じです。

「姉や妹がいない」

  • 男兄弟で育ってきていた元彼の理想の女性像が高過ぎてついていけなくて別れました
  • 女性の基準が全部お母さん。いちいちカレのお母さんと比べられてうんざり

姉や妹がいる場合は女性の現実を早めに知ることが出来ますが、男兄弟だけだと中々そうはいかないのが現状です。知る機会がないのは仕方ないですが、世間のイメージや思い込みだけで『女性とは』を決めつけてしまわないように注意が必要です。
男性、女性という性別のイメージに縛られず、1人の人間として相手のことを見て知るように努めましょう。