Pick up !!

女心を理解する

女性に慣れていない、女性が苦手という人にとって「女心」というのは、まるで異次元の存在であるかのような得体の分からないものかも知れません。しかし、女性とのコミュニケーションの中ではやはりある程度女心を理解しておいた方が得です。幾つかのポイントにまとめてみましたので、抑えていきましょう。

嫉妬させたい、嫉妬されたい

「嫉妬されたい」願望がある女性は多いようです。嫉妬される=愛されている、というバロメーターにもなるようで、逆に相手の愛情を感じるとか。だから、わざと他の男性と仲良くしてみたり、他の男性の話をしてみたりと、わざと相手に嫉妬をさせるような行動に出る女性も少なくありません。男性からしたらヤキモチを焼かされるだけであまり面白いものではありませんが、「愛情を感じたいから」という真意を汲んで多少は大目に見てあげるぐらいが良いと思います。あまり女性がやり過ぎているようだと、優しく丁寧に自分の気持ちを伝えてみてください。頭ごなしに怒りをぶつけては逆効果。「自分が軽率だった」ときちんと反省できるように伝えてあげると、ヤキモチなどではない本当の愛情を感じてくれるかも知れません。

ギリギリまで攻めてきても基本は受け身

女性は基本的に受け身です。告白も男性からされるのを待っていますし、キスやエッチの誘いも男性から来て欲しいと思っています。と言っても欲求がないわけではないので、待っていても男性が中々来ないような場合は自分からもアピールやアクションをします。しかしそれらはギリギリのラインでとめて、最後の一手を男性にさせる、という方法を取ることがあります。女性の方が積極的に見えても最後まで女性に任せておくのはNG。ここぞというタイミングでは男性の方からGO。そんな決断と行動に女性はキュンとなるはずです。

結論の出ない会話を楽しめる

女性は結論を出さないままの会話を楽しめます。何かについて人としゃべっていても、そこに答えや結論を出すことを第一の目的とせず、しゃべることそのものを楽しめるからです。なので男性がおしゃべりのテーマに対して早々と結論を出してしまうと女性は途端につまらなくなります。それまでのプロセスを楽しんでいたいのですから終わってしまうと楽しめませんよね。男性からすれば「どうしてこんな話しをこんなに長く続けていられるんだろう」と感じる部分かも知れませんが、おしゃべりそのものを楽しみたい女性との違いです。楽しい時間を過ごすことが最大の目的であれば、ここは女性に付き合って同じ高さでおしゃべりを楽しんでみましょう。