ナンパに挑戦

女性の友達を作りたいときや遊びたいとき、手っ取り早い手段の一つが「ナンパ」です。上手く行けば新しい関係が生まれる大チャンス。しかしそれまで全くの他人だった人にいきなり声をかけるというナンパ、毎回簡単に成功するものかと言ったらそうではありません。どんな場所でどんな相手に、どんなタイミングでどんな言葉をかけるか、そんな幾つかの好条件が合わさったときに初めてナンパは成功します。

適度に人のいる場所で

そもそも見ず知らずの男性が女性に突然声をかけるところから始まるナンパ。女性から警戒されないわけがありません。場所がさらに人気のない静かな夜道だったらどうでしょう。思わず身の危険を感じ走って逃げられたとしても文句は言えません。
ナンパを成功させるためには相手になるべく警戒心を持たれないことが重要です。声をかけるなら賑やか過ぎず静かすぎない、適度に人のいる明るい場所が◎。まずは明るいトーンで声をかけて振り向いてもらうことを目標としましょう。

軽い男に思われない

ナンパ=チャラいというイメージはどうしてもあります。ほとんどの女性は街中で突然声をかけられても足を止めることなくやり過ごすでしょう。思わず立ち止まったとしてもそれがナンパだと分かると軽く門前払いとなることも。それは、声をかけてきた相手がどうしても軽そうに見えてしまうからです。ダラっとした「いかにも」な感じの態度やしゃべり方は禁物。なるべく好感をもってもらえるよう明るくハッキリとした態度で臨みましょう。

とにかく自信を持つ

ナンパは知らない人に声をかける行為ですから、誰もがそう気軽にできるものではありません。でもここで弱気になると女性の足は止められません。女性の方だって声をかけられて全く嬉しくない事は無いのです。失敗してもともとのものなので持てる限りの自信を持って声をかけていきましょう。

連絡先だけでもゲット

誘ってみても相手がなかなか乗ってこないなと思ったらしつこく深追いするのはやめましょう。けれど、スルーされることの多いナンパでそこまで相手と話し込めたということは、もしかすると最後にメールアドレスぐらいならゲットの望みがあるかも知れません。潔く引き下がるついでに「じゃあせめてアドレスだけでも!」と最後にひと粘りだけトライしてみましょう。その日はムリでも後日発展の期待が持てます。