Pick up !!

自分に自信を付け、場数を踏む

女性に慣れないと嘆いている人は圧倒的に女性とのコミュニケーション不足なのだと思います。円滑な人間関係というのは日々の積み重ねによるところも大きいものです。
とにかく女性と接する機会を意識的に多く作りコミュニケーションを頻繁に取る必要があります。
女性に話しかけて何か失敗してしまうのではないかと不安になる人もいるでしょうが、新しいチャレンジに多少の失敗はつきものです。失敗を恐れず、もしも失敗したとしても何故とどうしたらを考えて改善していくことで徐々に成功するようになるはずです。

まずは仕事やビジネスとして女性と接する

最初からプライベートで女性と会話するのが難しい、そもそも女性の知り合いがいないという場合はビジネス的に考えて女性とコミュニケーションを取るようにしてみると良いかもしれません。
例えば服屋の店員などはどうでしょうか。サービス業の女性は笑顔で対応も優しいので話しかけやすいと思います。女性の目線でコーディネートをお願いしたいなど話しかける口実もつくりやすいのもメリットのひとつ。
相手が仕事の一環として少しでも話しやすい雰囲気を作ってくれるはずです。
まずは女性と話せたという自信を付けることで次の一歩へと繋がるのではないでしょうか。

まずはグループで。女性として意識をし過ぎない環境を作る

女性に慣れないと感じている人は相手を女性として意識し過ぎている傾向があります。異性としてではなく同性として気楽にコミュニケーションを取る環境を作ってみてはいかがでしょう。
女性とマンツーマンで話をしなくてはと思うと緊張してしまいますが、最初は男女を交えた数人のグループで話をすることで多少は意識が逸れるのでは。あとはグループ内での話しを盛り上げるように振る舞います。

自分に自信を持つ

自分に自信がないと声も小さくなり中々積極的になれないということも。とにかく何でもいいので自分自身が自慢と思えることを作り自信を持ちましょう。
仕事を成果を出すでも良いですし、趣味を極めていくのも良いでしょう。
コンプレックスやネガティブな思考を抱えていると表面に滲み出してしまいます。女性は敏感にそれを感じ取って距離を置いてしまっているのかもしれません。
根拠のない自信を持つのはNGですが、ありのままの自己を肯定し必要以上にネガティブにならないということも大切です。